ラン活ってご存知ですか?

今度新一年生になる子どものために

ランドセルを購入する活動を「ラン活」と言うそうです。

もっとも昔からランドセルの購入は、

日本人には一大イベントでだったので

まあそのイベントに名前がついた…といっても

いいかもです。

ここでは、そんなラン活を終えた方の口コミを

集めてみました。

みなさんどんなことを考えて、

ランドセルの購入をしたのでしょうか?

●ランドセルは、子供が幼稚園年長の

7月頃に購入しました。

購入する際のポイントは、背負った時に、

背負い安く軽い物がいいかなと思いました。

やはり、毎日これから6年間学校へ

背負って行くので、重い教科書を入れても

背負いやすいランドセルにすることが

重要かなと考えたからです。

あとその次にポイントとしたのは、

色やデザインでした。

女の子なので、たぶんその辺りには

こだわるかなと思ったからです。

ランドセル選び方で、失敗したと思うところは

あまり無いのですが、色やデザインを

もう少し考えてあげれば良かったかなと思います。

いろんなメーカーのランドセルを見なかったので、

もう少しいろいろ見ればよかったです。

ランドセルは子供に一生に一度しか

購入することは出来ません。

ランドセル選び方は、出来るだけ多くの

メーカーのランドセルを見て、

背負ってみて試してみることがいいと思います。

今は、いろんな色やデザインのランドセルが多いので、

子供が小学校入学に向けてワクワク出来るような

ランドセルを選んであげてください。

●周囲のお友達の購入話を

かなり耳にするようになり、

6月末の土曜に百貨店に

ランドセルを見に行きました。

いくつかの中で迷いましたが、

購入を決めたポイントはまず第一に

「背負っている姿を見て、本人も周りも

しっくりきたもの」でした。

第二は「フィットちゃんがついているもの」です。

うちの子は現物を見て選びたいと常に言っており、

実際に背負ってみて、自分も周りも「これいいね!」

と思えるランドセルがあったので、

割と早く決まったと思います。

お店に行く前は「絶対水色がいい」と

言っていましたが、背負って鏡を見たら

なんとなくイメージが違ったようで、

結局ビビットピンクを背負って

「こっちのほうが自分っぽい」と

思ったようです。

また、時期的にいつもフィットちゃんの

CMを見ていたので「ランドセル=フィットちゃん」

と本人が思い込んでいたようです。

しかしフィットちゃんって

肩ベルトの機能のことだったんですねー。

「フィットちゃん」というランドセルがあると

思っていたんですが、

お店の人に説明してもらってちょっと赤面でした!

無事、フィットちゃん付きのランドセルを

選べて本人も納得のようです。

ラン活といっても、やはり悩みはあまり昔と変わって

ないように思えます。

ただ、昔と違ってランドセルのデザインと色が

とても豊富になっていることがあります。

そのため今の方が子ども寄りで選んでいるようです。

 

あわせて読みたい

モギカバン ランドセル購入のアドバイス

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA